だれかに依存しているかも!?選挙の夢占い

だれかに依存しているかも!?選挙の夢占い
5,839View

選挙の夢は、選挙に対して夢の中でどのような関わり方をしているかによって夢占いの判断は分かれます。

選挙を傍観しているのか、選挙活動に参加しているのか、立候補するのか、投票に行くのか行かないのか、といった夢の中であなたが取った行動によって、暗示しているもの、すべき解釈があるのです。

1.選挙に対して良いイメージの夢

選挙の夢を見て、その内容を問わず良いイメージがある場合は、あなたは自分で意志決定することを望まず、誰かに決めて欲しいと思っていることを暗示しています。

選挙は、投票にあなたが行く行かないに関わらず、当選した人が政治を行い、国や自治体を運営してくれますよね。

このことから選挙に良いイメージを持っていることは、夢占いにおいて、依存心の象徴であり、あなたの意志の弱さを示すものとなります。

あなたは少々優柔不断な性格なのかもしれません

常に誰かの助けを必要としています。

これはあなたの人生にとってあまり良いことではありません。

少しずつでもいいので、誰かに判断や決断をゆだねるのではなく、あなた自身が判断し、決断できるようにしていく必要があります。

+3

 
 

-0

投稿する 閉じる

2.選挙に対して良くないイメージの夢

選挙に対して、その内容を問わず良くないイメージがある場合は、あなた自身の独立心が旺盛であることを暗示しています。

また、束縛されている人間関係から解放されたいと願っている暗示でもあります。

選挙は当選した人が政治を行い、法律を定め、国や自治体を運営していきます。

投票はしますが、投票した本人が政治を行うことは出来ませんよね。

そのことから選挙に対して良くないイメージを持っていることは、夢占いにおいて、独立心の象徴であり、束縛からの解放をイメージしています。

これは悪いことではなく、むしろ誇るべきことです。

今のままのあなたでいい、というメッセージなのです

+1

 
 

-1

投稿する 閉じる

3.選挙活動に参加している夢

選挙活動に参加している夢は、上記の選挙に対して良いイメージの夢を少々発展させた解釈になります。

相手に依存するだけではなく、相手も自分に依存させたい、させようとする意志があることを暗示しています。

共依存の関係を望んでいるというわけです

これは諸刃の刃であることを知っておかなくてはいけません。

お互いがお互いに依存している状態がとても心地よい間は、お互いにいい関係を築くことができます。

しかし、共依存は時に、お互い以外の人間関係を徹底的に排除する傾向にあります。

これはとても危険なことです。

もし、共依存の関係が破綻してしまうと、その後の人生に大きな支障をきたす可能性も十分に秘めています。

共依存は一概に良くない関係とは言えませんが、そういったリスクをはらんでいることは認識しておきましょう。

+0

 
 

-1

投稿する 閉じる

4.選挙演説をうるさいと感じている夢

選挙演説をうるさいと感じている夢は、あなたが自分本位で、自己主張が激しいことを暗示しています。

社会や学校において、自己主張をすることはもちろんいいことですが、それも程度の問題で、相手の意見に耳を貸さず自分の主張だけを声高に主張する傾向があなたには見られます。

その点は改める必要があります。

誰しも自分の話を聞かない人の話は聞きたくありません。

あなたが誰かに自分の話を聞いてもらいたい、と願っているなら、自分の主張は一旦置いて、相手の話にじっくりと耳を傾けなければいけません。

そして相手の意見を受け入れる準備があることを示す必要があります。

話を聞くだけなのか、アドバイスとして受け入れるつもりがあるのかは、話を聞く態度で分かるものです。

このままではあなたは孤立してしまうかもしれません。

そうなる前に、周囲に気を配り、相手を尊重するように心がけましょう。

+1

 
 

-0

投稿する 閉じる

5.選挙に立候補している夢

選挙に立候補している夢は、あなたが仕事や勉強において周囲の人々から認められないと思っているいわゆる『承認欲求』の表れです。

しかもこの夢は、あなたにその実力があり、努力をしてきた結果が近いうちに実現する可能性があることも暗示しています。

つまり、仕事運や勉強運が上昇しています

より一層仕事や勉強に打ち込んでいきましょう。

ただ、その経緯や成果を主張し過ぎると、あなたが欲する『承認欲求』は満たされなくなります。

主張しなくても結果を出すことで周囲は自然とあなたを認めてくれるようになりますので、あなたはやるべきことに集中しましょう。

+2

 
 

-0

投稿する 閉じる

6.投票に行く夢

投票に行く夢は、誰と一緒に投票に行ったかによって様々な解釈をすることができます。

自分一人で投票に行った夢の場合は、特定の誰かではなく周囲の人々や社会に対して、自分に利益をもたらしてほしいという依存心があなたの中にあることを暗示しています。

あなたは常に誰かの注目を浴びていたいタイプかもしれません

しかし人間関係の中にそういった他人に対する依存心が強い人が一人でもいれば、周囲の人は次第に疲れてしまいます。

そして、疲れる人間関係からは距離を置こうとします。

つまりあなたはそのままでは時間をおかずに孤立する可能性があるのです。

今一度、自分の言動を見直す機会かもしれません。

家族で一緒に投票に行っている夢は、家族の結束が固く、とてもいい関係を築いていることを暗示しています。

これまで通り家族を大切にしましょう。

特定の誰かと一緒に投票に行っている夢は、その人ともっと関係を深めたいという欲求があることを暗示しています。

恋人の場合は、相手に対する依存心が増している暗示でもあります。

誰かと関係を深めたいと思うなら自分の考えを主張するだけではなく、相手の考えも尊重してあげましょう。

+1

 
 

-1

投稿する 閉じる

7.選挙の夢占いまとめ

選挙の夢は、依存心や独立心を象徴するものです。

選挙にどのような形で参加していたかはあなたが日常でどのような形で周囲の人々と関わっているかを暗示しています。

少々の依存であったり、一般的な自己主張は問題ありませんが強すぎてしまうといずれ人間関係に支障をきたすことになります。

人間は独りで生きていくことは出来ません。

常に誰かと関わっています。

もし、警告の解釈ができる選挙の夢を見た場合は、自分を見つめなおすいい機会にしてくださいね。

+0

 
 

-1

投稿する 閉じる

この占いを見た人はこちらも見ています

トップへ
夢日記